ゼクシィに内緒の結婚式の準備でお金持ち。ご祝儀、クレジットカードで結婚式の費用を支払うメリットデメリット

近日リニューアル!

当サイトは、
「イベントウェディング」をテーマに近日完全リニューアルの予定です!
ご期待ください!

宣伝用の動画も用意しましたのでぜひ、ご覧ください。
出演 新郎:私 新婦:うちの奥さん
ちなみにうちの奥さんは結婚式に向けてブライダルエステでシェービングしました。効果は感じられますか?


なお、こちらにある特典はリニューアルを期に終了させていただく予定です。あらかじめご了承ください。

占いx深層心理x恋愛読心術 芸能人式【恋愛シミュレーションRPG相性診断】
アイドルラブストーリー
も鋭意作成中です!

愛され花嫁の美容と結婚式の費用を下げるなら

1美しさが16倍になったあなたはもう、彼の自慢の花嫁です

花嫁ブライダルエステと美肌・美容の方法

人気今だけの特典としてCD-ROM版も送料無料でプレゼント!
彼のために〜”猫背〜小顔矯正〜美肌〜くびれまで、あなたへの16の視線を魅了する、全身わずか1週間で出来る美貌への美容バイブル”
価格¥5,980−クリック

2結婚式の費用、節約出来た40万円は何に使いますか?

結婚式の準備と費用と値引と進め方

秘密数量限定の特典として「結婚式の準備から学んでお金持ちになる方法」を無料プレゼント!
結婚式の費用が勝手に下がる、結婚式の準備でお金持ちになる方法

価格¥2,800−クリック


素敵な結婚式実践会 著

結婚式の費用をご祝儀で支払う

結婚式の費用をご祝儀で支払う

結婚式の準備で何よりも気になるのが、やっぱり結婚式の費用です。

実際どのくらいかかるのか、一体いくらお金を用意すればいいのかよくわからない、というのが正直なところでしょう。

ブライダルフェアなどでセッティングしてある内容で結婚式を挙げるとなると、あっという間に数百万、
400万、500万は当たり前、の世界になってしまいます。

またゼクシィを見ても同様。
誰もが簡単に用意出来る金額ではないことは明白。

実際には内容の見直し、値引き交渉その他で大きく費用を下げることは可能なのですが、
ここでは”費用を下げる方法”はひとまず置いておいて(別途お話します)、
結婚式の費用をご祝儀で上手に支払う方法についてお話します。

ところで、

もらう前から”ご祝儀”を当てにして・・・

と思われるかもしれませんが、ご祝儀で結婚式や披露宴の費用を支払っているカップルは、実はとても多いんです。

正直な話、みなさんご祝儀を大いに当てにされています。
それは結婚式や披露宴の費用だけでなく、これからの結婚生活にかかる費用にいたるまで。

結婚すると、それはそれは想像以上にお金がかかります。
新居や車、家具に出産・育児・・・

ご祝儀を当てにするというのは、ごく自然なことであり、みなさん誰もが当てにされているので、ここはドドーンと当てにしちゃいましょう!

その前に注意点が1つあります。
それは、結婚式・披露宴を行う会場が、ご祝儀での支払いに対応しているか?ということです。


つまり、結婚式・披露宴が終わったあとでの現金による支払いに対応しているか、です。

会場によっては、結婚式・披露宴が終わったあとでの後払いには対応しておらず、前払いのみ、といったところもあるので、必ず確認しておきましょう。
前払いの会場では、ご祝儀を頂く前に支払うため、費用全額の現金を用意しておく必要があります。
結婚式の費用をご祝儀で支払う

で、話を戻して”ご祝儀”で結婚式の費用を支払うためには、
概算で、おおよそどのくらいのご祝儀を頂けるか見積もりを出しておく必要があります。

でないと、結婚式・披露宴が終わった後、支払いの段階で想定していたよりもご祝儀が少なくて、お金が足りない!
ということにもなりかねません。


頂けると想定されるご祝儀の、80〜90%の金額で予算を組んでおくと良いでしょう。

実際に、考えていたよりもいただけたご祝儀の金額が少なかった、というのもよくあることです。
例えば、ご夫婦で招待した場合、一人ずつ招待した場合よりもご祝儀の金額が下がる可能性が高いです。
(一人であれば3万円 x 2 = 6万円のところ、二人一組だと5万円になる)

また若い世代であれば、ご祝儀に対する考え方が変わってきてもいます。
(以前は2万円、というのは避けられていたが最近は多い)

そのため、ご祝儀で結婚式の費用を払うつもりでも、ある程度の現金はマージンとして用意しておきましょう。

なお、ご祝儀の範囲内で結婚式や披露宴を行うとなると、予算的には抑える必要があります。
演出などを上手に考えて交渉したり、契約に臨みましょう!
続きはこちら「結婚式かんたん裏技虎の巻(秘)」


結婚式の費用をクレジットカードで払うときは

結婚式の費用をクレジットカードで支払う

結婚式の費用をクレジットカードで支払う際の1番の注意点、それは、
クレジットカードで支払うということは、一時的にしろ、”借金”だということです。

”借金”だということは、きちんと返せることが大前提です。

クレジットカードで支払いをすると、現金での受け渡しがないのと、
現金を管理することがほとんどないため、金額に対してマヒしがちです。

豪華な演出もいいのですが、過剰な演出は後々の家計を苦しませる原因にも
なりかねませんから。

”借金”という点では、ブライダルローンも同様ですね。

クレジットカードでの支払いも、ブライダルローンも上手に活用すれば、とても頼りになる支払い方法です。
ちなみに私自身の結婚式も、クレジットカードを活用しています。

なんといってもポイントが一気に貯まります!

また、きちんとクレジットカードで高額な結婚式の費用を支払うことが出来れば、それだけ実績が出来るので、車など、高額な商品をローンで購入する際にも審査が通りやすくなるでしょう。

しっかり認識しておきたいことは、クレジットカードもブライダルローンもあくまでも支払い方法の1つの手段であって、予算の上限をアップさせるためのものではないということですね。

上手に予算を立てていきましょうね!


クレジットカードで支払う際の秘密テク

結婚式の費用をクレジットカードで支払う

結婚式や披露宴の費用を支払う方法で最もオススメなのは、クレジットカードを使っての支払いです。

クレジットカードは、利用金額によってポイントがつくということ、また、
マイルが貯まるクレジットカードであれば、ひょっとしたら新婚旅行に飛行機の運賃がタダになるかもしれません。


お金がかかる結婚式や披露宴で、かかった費用に比例してもらえるポイントやマイルは普段のお買い物と比較してケタ違いです。
こんな機会は滅多にないのでぜひ、ゲットしちゃいましょう。

実際に結婚式・披露宴の費用をクレジットカードで支払うカップルは多いです。

<クレジットカードで支払う場合のパターン>
1.全額を1枚のクレジットカードで支払う
  • 通常、結婚式や披露宴の費用はクレジットカードの上限を超えてしまいますが、クレジットカードの会社へ申し込むことによって、特例として上限を超えても結婚式・披露宴の費用全額をクレジットカードで支払うことが可能です。 これを利用されるカップルは多いです。
    やはりポイントやマイルがいっきにドーンと貯まるためです。

2.クレジットカードと現金での支払いの併用
  • 全額をクレジットカードで支払わず、クレジットカードで支払える分だけをクレジットカード払いにして、残りを現金で支払う。 この場合、現金の不足分をクレジットカードで支払う、という考え方が多いですね。
    そのため、クレジットカード分は分割払いで支払う、というのも大きな割合を占めているようです。
    月々の支払いが家計の負担にならない程度にしておきたいですね。

3.複数のクレジットカードでの支払い
  • 複数のクレジットカードを使って、結婚式・披露宴の費用を支払う方法です。 今はクレジットカードを複数持たれている方が多いので、こういった方法で支払うカップルも多いです。
    但し、複数のカードでの支払いに対応しているかを確認しておきましょう。


もし、結婚式・披露宴の費用を支払うためにクレジットカードを作るのでしたら、下記のポイントをチェックしてみてください。
1.年会費が安い
  • 年会費は一般のカードで¥1,000 〜 1,500−前後が一般的です。 また、特定のホームページからの申し込みだと、初年度の年会費は無料、といった特典があるものもあります。

2.海外旅行・国内旅行傷害保険がついているか
  • 海外旅行・国内旅行傷害保険は必須ですね。 新婚旅行もそうですし、旅先での事故の強い味方になります。

3.ショッピング補償
  • ショッピングに対して盗難・破損等の補償です。 海外でのショッピングのみ、海外・国内ともに補償等、クレジットカードによって条件が違ってきます。

4.ポイントやマイル
  • クレジットカードを使うとポイントが貯まります。上手に貯めれば新婚生活の家財道具が買えるかも! マイルが貯まるクレジットカードでは、さらに航空会社固有の特典が付いています。

5.そのカード固有の特典があなたの趣味にマッチしているか
  • 例えば、ANA JCBカード
    JCBは「東京ディズニーリゾート」のオフィシャルカードなので、ディズニーランドのファンの方には人気の高いクレジットカードです。ちなみにアトラクションの「キャプテンEO」はJCBがスポンサーとなっています。
    また、ANAのマイルも貯まり、ANAの店舗や通信販売での割引等の特典があります。


クレジットカードの申し込みは無料なので、結婚を機会に、クレジットカードを増やしておくのもいいかと思います。
まずは結婚式や披露宴の費用を払える程度の枚数があれば十分でしょう。

また、限度額を上げてもらう場合は、早めにクレジットカードを取得し、
少しで構わないので利用実績と支払い実績を作っておきましょう。

ちなみに、三井住友VISAカードは、
利用実績が無くても結婚式のため、と伝えれば比較的限度額を上げてもらいやすいようです。
(ここはきちんと確認してみてくださいね)
このホームページからの申し込みでは厳選して、初年度年会費無料・翌年度以降も割引等、上記の条件を満たしている三井住友VISAカードANA JCBカードJCBドライバーズプラスカードの3種類のカードを推奨しています。


特に、18〜25歳までの「まだ若いよ!」という方は、特典の多い三井住友VISAカードをおすすめします。
また、三井住友VISAカードはこのホームページからお申し込みいただくと、最大7000円の商品券がもらえるようになっています。

JCBドライバーズプラスカードも、ここからお申し込みいただくと1000〜2000円の商品券がもらえるようになっています。

もちろん全てのカードは初年度の年会費は無料です。

三井住友VISAカード
●まずは1枚目という方へは三井住友VISAカード↓



お申込はこちら


最大7000円の商品券がもらえます

JCBカード
●東京ディズニーリゾートのオフィシャルカードでマイルを貯めたいなら↓



ANA JCBカード 入会でマイルプレゼント


JCBカード
●1ヶ月最大6000円のキャッシュバックならJCBドライバーズプラスカード↓




1000〜2000円の商品券がもらえます


続いて結婚式の費用、結婚資金の貯め方と貯める裏技のページへ


東日本大震災に関して

メニュー


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップ 結婚式の準備でお金持ち たった1週間で羨ましい花嫁 クレジットカードで支払う ダウンロードセンター